窓の隙間風を防いで暖かい部屋を作る方法

ライフハック

部屋が寒い!隙間風が冷たい!
そんな悩みを今まで放置してしまったことを心底後悔。。
寒さ対策のために、窓に隙間テープを貼って、保温効果のあるシートを貼りました。

用意したもの

・すきまテープ×2
・窓ぴたシート×2

 

テープ・シート貼り方

まずは隙間風を防ぐために窓の枠にすきまテープを貼っていきます。

窓のサッシの埃や汚れを綺麗に拭いて取り除きます。
片面はシールになっています。シール部分の紙を剥がす前に窓に合わせて貼る場所を確認。

テープを窓のサイズに合わせてカットします。ハサミで簡単に切れますよ
開きづらくならないように確認しながら貼っていきます。

こんな感じ↓

2枚扉の場合はテープが引っかかってしまうことがあるので注意が必要。

 

次に窓ぴたシートを貼ります。サイズに合わせてハサミで簡単に切れます。

こちらのシートは貼るだけで暖かく感じるシート。結露も防げるので、カビの対策にもバッチリ!ノリや接着剤で貼るわけではないので、いつでも簡単に貼り直しができます。
汚れたらすぐに洗濯できます。便利!

最後に

気になる効果ですが、あきらかに暖かく感じます!
まず隙間風はほぼなし!鍵の部分などのテープが貼れなかった部分以外は近くに手をかざしても全然風を感じません。

窓以外にもドアなんかも同じようにすき間テープで対策するとさらに効果は上がります。
窓や建てつけによって効果は様々かと思いますが、試してみる価値はあると思います!

寒さ対策のおすすめ

普段あまり開けたりしない窓やガラスに貼るときは、プチプチも貼ると完璧!

包丁を研いだら驚くほどの切れ味で感動!簡単な包丁の研ぎ方紹介

ライフハック

最近ペティナイフを買ったところ、よく切れてびっくり!
同じメーカーの包丁を普段使っていたのですが、全然切れ味が違う。
全然包丁を研いだことがなかったから、切れ味が悪くなっていることにも気づかなかったわけです笑。

そこで、早速包丁研ぎを購入して試したところ、完璧な切れ味が戻ってきました。感動!!
そんな包丁の切れ味を復活させる簡単な方法をご紹介します。

用意したもの

・包丁研ぎ器
・使っている包丁

これだけです。包丁研ぎ器は1000円くらい。安いです!

包丁研ぎ器のご紹介

LIBERTAの包丁研ぎ器はグリップがあって、磨き口は3種類ついてます。

 

左から、「CERAMIC / 荒研ぎ」「COARSE / 細研ぎ」「FINE / 仕上げ研ぎ」の3つ。

 

握るとこんな感じ。

研ぎ方

1.平らなところに置いて、片手でグリップを握ります。もう片方の手で包丁を握ります。

2.刃を磨き口に入れて、まっすぐ手前に3〜5回ほど引きます。

3.研ぎ終わったら、濡れタオルで拭くか、水で洗い流して水気を拭き取ります。

 

 実際に研いでみた!

今回は買ってからかなり時間が経っていたので、COARSEでまず五回、FINEで五回引きました。

刃の根元にセットしてゆっくりまっすぐ引くだけ。研ぐ作業は1分で終わります!簡単です。

研いだ成果を検証

通販番組のようにトマトを切って検証。
研ぐ前と、研いだ後の切り口を比較!

Before

少し力を入れて前後に動かして切れる。ただ皮で引っかかりました。

 

After

力は何も入れないで皮までスッと切れます。

画像だけでは伝わりづらいけど全く別物の切れ味!

 

最後に

全く力を入れずに切れるのに感動!包丁も普段のお手入れが重要ですね。
普段包丁とがない方は全く違う切れ味を是非体験してほしい。

包丁研ぎ器は色違いもあります。

ヴェルダンの包丁は持ち手まで全てステンレスでAmazonの一番人気です!ペティナイフや、パンスライサーも揃ってますよ。

  • 1
  • 2
  • 5